Microsoft Edge正式リリース

IT関連 Mac Web Windows

2020年版 新Microsoft Edgeの正式リリースがWebコーダーの負担軽減となるか

日本時間2020年1月16日、Microsoftが開発した新ブラウザ「Microsoft Edge」の最新正式版がリリースされました。

この新しいMicrosoft Edge(以下、Edge)は、今までのEdgeと違って”Chromium”ベースのブラウザとなっています。

つまり、Google Chromeと同じレンダリングエンジンを採用することにより、Web開発者たちの負担を軽減していることが分かります。

今回はWebコーダーの視点から見た最新版Edgeのもたらす影響について書き綴っていきます。

最新のMicrosoft Edgeダウンロードサイト
https://www.microsoft.com/en-us/edge

Windowsだけでなく多くのOSで使用可能

従来はWindows 10にのみ、OSと抱き合わせで提供されてきていたEdge。

それが完全に独立したブラウザーとして、Windows 10だけでなくWindows 7、Windows 8、Windows 8.1、さらにはmacOS向けやiOS、AndroidまでにもEdgeをリリースしています。

どのOSで使っても同じChromiumレンダリングエンジンを使ってWebページを表示しているので、デバイスによる表示の差異はかなり縮まったことと思われます。

例えば、macOSでWebコーディングを行っていたとしても、macOS版のEdgeをインストールして検証すればWindows向けにも検証できていることになるし(フォントの表示など多少差異はあるかもしれないが)、そもそもがChromiumベースとなっているのでGoogle Chromeで正常に表示されればEdgeでの検証すら不要になるかもしれないですね。

これは手間の大きな削減になりそう。

とは言えIEでの検証が無くなるとは限らない

WindowsでもWindows Updateとして、いずれ数ヶ月掛けてChromiumベースのEdgeに置き換わる予定ですが、やはりIEを完全に検証しなくて済む状態まではもう少し時間がかかりそうです。

まだ何もわからずIE11を使っている人も多いでしょうし、色々とワケあってIEの人もいるはず。Windows 10ですら互換性確保のためにIE11を残していますしね。

そのため、感覚としては「IE11で厳密な調整まではいらないけど、Web閲覧する上で最低限崩れないレイアウトは維持しておきたい」といった感じですね。

そしてこれは前々からですが、IE11よりもっと古いIE8,9,10などはほぼ未検証でも問題ないように思っています。

今でも使っている人はかなり減ったと思いますし、それらを無意識に使っているような人はそもそもレイアウト崩れなど気にしないかもしれません。

Webコーディングする上でじっくり検証するブラウザは、将来的に以下のようになると思います。(私の例です)

  • 現在 ・・・ Google Chrome、Firefox、Safari、IE11、Microsoft Edge
  • これから ・・・ Google Chrome、Firefox、Safari の3種だけ!

IEが消えEdgeがChromiumベースとなるなら、だいぶ負担軽減できるはず。

Safariも完全なChromeベースになってほしいけどなあ(笑) なお、Operaはシェア的にあえて外しています。

CSSのベンダープレフィックスも省略!

CSSを記述するときによくあるコレ。

.abc {
   -webkit-animation: 2s linear 1s slidein;
   -moz-animation: 2s linear 1s slidein;
   -ms-animation: 2s linear 1s slidein;
   -o-animation: 2s linear 1s slidein;
   animation: 2s linear 1s slidein;
}

こちらもかなり省略できます。

新Edgeとなることで・・・というよりも新Edgeにかかわらず、最近のブラウザは互換性が高いためにベンダープレフィックスが不要でも問題ないことが多くなっています。

よって、

.abc {
   -webkit-animation: 2s linear 1s slidein;
   animation: 2s linear 1s slidein;
}

今はこれだけで十分です。「-webkit-」すらも古いAndroidブラウザくらいの対応なので、問題ないならこちらも省略しても良いかと思います。

IEで閲覧する場面が多い場合は「-ms-」を付けても良いかもしれませんが・・・ できれば排除したいですね。

「-o-」は今や全くと言っていいほど使いません。今日びOperaの古いバージョンを使っている人なんてほぼいません(笑)

「-moz-」も不要です。Operaと同じ理由ですね。

まとめ - コーダーにとって間違いなく良い流れになる

何よりもIEの呪縛と中途半端な旧Microsoft Edgeの仕様から早く脱却したいですね。

世の中のレンダリングエンジンがすべて統一されればよいのに…と思うのは皆さん同じでしょう。

しかし、新Edgeの正式リリースはWeb業界にとってもユーザーにとっても大きなメリットとなる動きです。

よりよいUI,UXをクリエイト・体験するために、徐々に業界が進めていっていることはとても喜ばしいことですね。

年収訴求 CodeCamp

最新のMicrosoft Edgeダウンロードサイト
https://www.microsoft.com/en-us/edge

この記事は役に立ちましたか?

  • この記事を書いた人

Maesuke

2年目Webデザイナー。 IT全般やWeb関係、ガジェット、暗号資産(仮想通貨)などに興味を持ち、気になった情報などを日々つぶやき続ける普通の人。

イチ押し記事!

1

いくつかの副業を試してきましたが、プログラミングのようにガッツリ勉強する必要もなく、さらに数日で数千円、1ヶ月で3〜5万円くらいを稼げるコスパの良い「動画編集」という副業を、今回は紹介しちゃおうかなと ...

-IT関連, Mac, Web, Windows
-, , ,

© 2020 maesuke.comブログ