スマートな財布をピックアップ!

生活 紹介など

分厚い財布から脱出!スマートかつオシャレなメンズ財布とは?気になる薄い財布5選!【2020年版】

皆さんは財布を選ぶ上で何を重視するでしょうか。

値段?長財布がいい?カードがたくさん入るもの?ブランド?…などなど、こだわりポイントが各々で違ってくると思います。

今回はスマート&実用性という観点から、ポケットにすんなり入るくらい薄くスマートに収まる財布をピックアップしてみました!

もちろん、従来どおりカードや小銭が入るものをチョイスしているのでご安心を。

薄くてスマートな財布のメリット・デメリット

メリット

  • とにかく薄いor小さいので、ポケットにするっと入る
  • 重さを感じにくいので疲れない
  • カバンに入れてもスペースを取らない
  • 話のネタになる

デメリット

  • モノがモノなのであまり量は入らない(小銭など) 入らないと断捨離が必要
  • 薄く小さいがゆえ、無くさないように注意する必要がある
  • 特殊な構造であることが多いため慣れる必要がある

といった感じなので、人を選ぶ傾向にあります。

自分のスタイルに合った財布を選択したいものですね。

それではご紹介します!

エムピウ m+ zonzo

(Amazon.co.jpより引用)

こちらは11色展開しているぎゅっと詰め込めるタイプの財布。

Amazonおよび公式サイトによると、紙幣が10枚、カードが5枚、コインは100円玉の場合15枚まで詰めることができるようです。

この財布の特徴はお札を完全に折り曲げないことです。

お札はゆるく3つ折りに近い形で曲げる形で収納されます。

多少厚みは出てしまいますが、縦横の寸法はかなり抑えられているので、そういった部分を重視したい方にオススメです。

created by Rinker
m+(エムピウ)
¥18,700 (2020/09/26 18:23:02時点 Amazon調べ-詳細)

薄い財布 abrAsus

(Amazon.co.jpより引用)

一時期話題となったグッドデザイン賞を受賞した薄い財布「abrAsus(アブラサス)」。

とにかく薄さを重視した財布で、それでもカードは5枚、コインは10枚、お札は10枚入るそうです。

すべて入った状態でもわずか約13mmで済むこの財布は、まさに薄さ重視・ミニマリストの方にピッタリ。

常に小銭を少ない状態にできるのであれば、かなりスマートに収まることでしょう。

created by Rinker
abrAsus(アブラサス)
¥14,950 (2020/09/26 18:23:03時点 Amazon調べ-詳細)

Bellboy Coin Fold

(Amazon.co.jpより引用)

こちらはやや収納の多さにウェイトを置いた薄めの財布です。

紙幣、小銭、カードはそれぞれ8枚ほど入るようです。

コインポケットには蓋がありませんが、入り口には”返し”があるため、逆流して流れ落ちることもありません。

スマートな財布の中ではもっとも”普通の財布”に近いものとなっています。

ALBERTE ユハク長財布

(Amazon.co.jpより引用)

長財布となりますが、特徴としてはカードの取り出しスペースがとてもオシャレです。

カードポケットに三角形の切れ込みがあり、そこからスライドする形となっています。

カードは5枚、紙幣は10枚程度、コインも10〜15枚ほど入るそうです。

created by Rinker
YUHAKU(ユハク)
¥19,800 (2020/09/26 18:23:03時点 Amazon調べ-詳細)

BANDO マネークリップ

(Amazon.co.jpより引用)

紙幣を挟んで収納する発想の財布。

紙幣はなんと50枚、カードは15枚、小銭も多少入るようです。

パスケースつきで、SuicaやICOCAなども収納して使えます。また、クレジットカード向けにスキミング防止素材を使用しています

かつ薄いので、ちょっと多めに持ちたいけどそれでも薄めの財布が良いという方にピッタリです。また、お値段抑えめというところも魅力的。

まとめ

いかがでしょうか。

財布の種類って無数にあるので結局どれがしっくり来るものだろう…と悩むことも多いと思います。

そのような中で少しでも財布選びの一助になれれば幸いです。

一つ一つ詳細ページをチェックして、じっくり検討してくださいね。

この記事は役に立ちましたか?

  • この記事を書いた人

Maesuke

2年目Webデザイナー。 IT全般やWeb関係、ガジェット、暗号資産(仮想通貨)などに興味を持ち、気になった情報などを日々つぶやき続ける普通の人。

イチ押し記事!

1

いくつかの副業を試してきましたが、プログラミングのようにガッツリ勉強する必要もなく、さらに数日で数千円、1ヶ月で3〜5万円くらいを稼げるコスパの良い「動画編集」という副業を、今回は紹介しちゃおうかなと ...

-生活, 紹介など
-

© 2020 maesuke.comブログ