IT関連 Web 紹介など

無料でおしゃれ!クオリティの高い写真素材サイトを入手方法も含めて紹介!Webデザインやブログに役立つ!

写真の素材探しに苦労していませんか?

私は昔よく苦労していました(笑)

写真素材サイトがあるのは知っていて利用していたのですが、特定のサイトしか知らないし何だかワンパターンだし… と感じていて、世界にはもっと優秀でクオリティの高い写真素材サイトがあることに気づいておらず…

そんなサイトが数多くあることを知った私は衝撃を受けました。

さて、そんな私が実際に利用している写真素材サイトを7つご紹介したいと思います。

海外サイトが多いですが大丈夫です。無料、簡単、高クオリティを意識してサイトを厳選・解説していきますね。

なお、フリーアイコン素材の紹介ページもあるのでよかったらこちらもどうぞ

※フリーで使用できるサイトを紹介していますが、各サイトの使用条件やライセンス規約は念のため確認してから使用する方が安全です。
英語なので、読めない方はGoogle翻訳などを使って読み解いていきましょう。

1. Unsplash (アンスプラッシュ) - とにかく豊富さを重視

Beautiful Free Images and Pictures | Unsplash
https://unsplash.com/

ここはまずブックマークしておきたいところ。
とにかくクオリティの高い写真素材が数十万点単位で豊富に掲載されています。
この記事の見出し写真もこのサイトで探してきたのですよ。

◆利用シーン: Webデザイン、ブログ、壁紙用など

Unsplashでの素材入手方法

トップページ中央にある検索ボックスにお目当てのキーワードを入力します。
が、当然海外サイトなので英単語で入力する必要があります。

例えば花の写真が欲しいなら「flower」、笑う女性なら「laugh women」、パソコンの写真が欲しいなら「Computer」「PC」「Mac」など。

すると検索結果が表示されるので、良いと思った写真があればクリック。
写真の拡大画面が表示されるので、右上にある緑色の「Download free」ボタンを押せばあっという間にダウンロードが始まります。

2. Reshot (リショット) - 人物系、オシャレ系を重視

Reshot: Uniquely Free Photos
https://www.reshot.com/

こちらも豊富な写真素材が用意されていますが、特徴的なところは人物系の写真が多いという部分。
写真によってはエフェクトがかかっていて、まるでインスタのようにオシャレな写真が多い印象です。
風景なども揃っていて幅広いジャンルが掲載されています。

◆利用シーン: Webデザイン、パンフレット、ブログ用など

Reshotでの素材入手方法

ページ中央にある検索ボックスから探したい写真を英単語キーワードを入力します。
検索結果で良い写真が見つかったらクリックし、画面右上にある黒い「DOWNLOAD FREE」をクリックしてダウンロードして完了です。

3. StockSnap.io (ストックスナップ) - 風景や物が中心

StockSnap.io - Beautiful Free Stock Photos (CC0)
https://stocksnap.io/

主に風景や物など、オブジェクト系の美しい写真が豊富な印象。
「とあるワンシーン」感のある写真が多いです。
このサイトの特徴として、写真ごとに閲覧数・お気に入り数・ダウンロード数が表示されるので、人気の写真が把握しやすいことです。

◆利用シーン: 壁紙、パンフレット、ブログ用など

StopSnap.ioでの素材入手方法

ページ中央にある検索ボックスから探したい英単語キーワードを入力します。
検索結果から欲しい写真をクリックし、遷移後ページの写真下部にある赤い「Free Download」ボタンをクリックしてダウンロード完了です。

4. Gratisography (グラティソグラフィー) - シュールな写真多め

Gratisography - Free High-Resolution Photo
https://gratisography.com/

サイトのトップイメージから分かる通り、ちょっと変わったシュールな写真が多く掲載されているサイト。
おちゃらけたイメージを表現したい場合に最適かもしれません。
ただ、全体の種類数はちょっと少なめ。

◆利用シーン: ブログ、動画サムネイルなど

Gratisographyでの素材入手方法

ページ左部にある検索ボックスから英単語キーワードで検索して下さい。
目当ての写真があればクリックし、遷移後ページの写真左下にある赤枠「Download Free Photo」をクリックしてダウンロードできます。

5. picjumbo (ピックジャンボ) - カテゴリー分けされていて探しやすい

Free Stock Photos & Images • picjumbo
https://picjumbo.com/

そこそこ豊富な量を扱っているサイト。
カテゴリー分けされていて、求めているものがフワッとしている時は便利かもしれません。
写真は全体的にくっきりとコントラスト鮮やかなものが多い印象です。

◆利用シーン: Webデザイン、パンフレット、ブログ用など

picjumboでの素材入手方法

ページ左上の「Search...」箇所から英単語キーワードで検索します。
またはその右側にある「CATEGORIES」から探しているジャンルをクリックします。
求めている画像が表示されればクリックします。(画像下部にオレンジエリアのある「DOWNLOAD COLLECTION」と記載のある画像は有償です)
ページ遷移後の写真左下にある大きい緑ボタン「DOWNLOAD FREE PHOTO」をクリックしてダウンロードできます。

6. Foodiesfeed (フーディーズフィード) - 飲食系の写真が中心

食べ物の写真•Foodiesfeed•フリーフード写真
https://www.foodiesfeed.com/

まさにサイト名通り、主に食べ物を中心に扱っている写真素材サイト。
インスタに載っていそうな意識の高い構図が多いです。
1500種類以上の写真の中から食材の種類別に探すこともできる上、日本語にも対応しています(直訳感はありますが…)。

◆利用シーン: Webデザイン、ブログ用など

Foodiesfeedでの素材入手方法

ページ上の中央部にある「Search in more than 1500 free food photos」から英単語キーワードで検索します。
もしくはその下にあるジャンルをクリックします。
表示された検索結果の画像をクリック。
ページ遷移後、写真の右部にあるオレンジ色「無料ダウンロードフル解像度」ボタンをクリックします。
待ち時間が発生しますが、しばらく待つと自動的にダウンロードが始まります。

7. Foter (フォター) - 3億3500万点もの素材から探せる

Foter
https://foter.com/

とにかく膨大な画像があります。が、解像度が低いものもあります。
カテゴリー分けもされていますが、キーワードで単語をいくつか組み合わせたほうが探しやすい気もします。
とりあえずブックマークに入れておいて損はないでしょう。
なお、写真の多くは画像の下に引用元を記載しておく必要があります。

◆利用シーン: Webデザイン、パンフレット、ブログ用など

Foterでの素材入手方法

ページ中央の検索ボックスから英単語キーワードで検索します。
もしくはページ下部の「PHOTOS BY CATEGORY」の中からカテゴリーをクリックします。
欲しい画像が見つかればクリックします。
ページ遷移後、ページ右側にSTEP1〜STEP3まで表示されたことを確認します。

◆STEP1
欲しい画像のサイズをダウンロード(Download)するか、HTMLに直接ペースト(Embed)するかを選びます。
◆STEP2
ライセンスを確認して下さい。「Commercial Use OK」となっていれば商用利用は可です。
◆STEP3
画像の下には引用元を記載してね、と言っています。
HTMLコードをコピーして使って下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
他にも素材サイトは紹介しきれないくらいたくさんあるのですが、私が実際に利用したことのあるサイトを中心にピックアップしてみました。
重ねての注意点となりますが、ライセンスは念の為確認した方が良いでしょう(商用利用や加工はOKか?など)。

また紹介したいサイトがあれば掲載したいと思います。
それではまたの機会に。

この記事は役に立ちましたか?

  • この記事を書いた人

Maesuke

2年目Webデザイナー。 IT全般やWeb関係、ガジェット、暗号資産(仮想通貨)などに興味を持ち、気になった情報などを日々つぶやき続ける普通の人。

イチ押し記事!

1

いくつかの副業を試してきましたが、プログラミングのようにガッツリ勉強する必要もなく、さらに数日で数千円、1ヶ月で3〜5万円くらいを稼げるコスパの良い「動画編集」という副業を、今回は紹介しちゃおうかなと ...

-IT関連, Web, 紹介など
-, ,

© 2020 maesuke.comブログ