Nomad BaseStation

iPhone IT関連 ガジェット関連 紹介など

3デバイス同時充電!iPhone、Apple Watch、AirPods Proをまとめてワイヤレス充電するNOMAD「Base Station Apple Watch Edition」感想レビュー

散々なやんだ挙げ句… 買わない後悔より買う後悔、ということで買ってしまいました。

iPhone、Apple Watch、AirPods Proを3つ同時に、しかもワイヤレスで充電できちゃう充電台。

しかも電源ケーブルは1本だけで済むので、これデスクがすごくスッキリするやつじゃん…!

少し高いけど、実際に使ってみると思った以上におしゃれで実用性バツグンでした。所有欲をしっかり満たしてくれる…

それではレビューしちゃいます!

NOMAD® | Base Station Apple Watch Edition
https://hellonomad.com/products/base-station-apple-watch/

※重要なお知らせ(2019/12/12追記)
先日読者より教えて頂きましたが、この記事でご紹介した製品に付属しているACアダプターがPSE認証されていないものだったため、問題の無い形で記事の修正をさせて頂きました。ご指摘頂きましたとおりすがり様に感謝を、並びに参考にされました皆様にお詫び申し上げます。

どうして買ったのさ

まず外観がおしゃれ

レザー調の充電ドックはもうシンプルでかっこいい。

次に、一つの充電台に3つも同時充電できてケーブルが煩わしくないこと

iPhoneもApple WatchもAirPods Proも充電するとなると、結構ケーブルの数が多くなりますよね。

まあ、私は今まで以下の充電ドックを使っていたのですが…

これはbelkinが出しているApple Watch + iPhone用 PowerHouse™充電ドックという商品です。

Apple Watch + iPhone用 PowerHouse™充電ドック
https://www.belkin.com/jp/p/P-F8J200/

Amazonなどでも扱っているのですが、これはApple Watchを最初に購入した当時に用意したものです。

これもシンプルにまとまっていておしゃれなのですが、今となってはAirPods Proも買ってしまったし、AirPodsもLightning端子なのでこれで充電は一応できるのですが、できればスマートにiPhoneやApple Watchと同時充電できれば効率的なのになあ…と考えるようになってしまったのです。

しかもiPhoneに関してはワイヤレス充電じゃないので狙いを定めてLightning端子を刺さないといけない小さなストレスも。

Apple AirPowerの販売中止だと…!

ワイヤレスの同時充電といえば、Appleが発表していたAirPowerの存在です。

AirPowerも散々発売する〜でも技術的な問題で発売延期する〜と言いつつ、結局出さないことを決定してしまいました。

正直そっちを待っていたのですが、発売されないともなれば…いやもう残念な気持ちしかわきませんでした。

そこでAirPowerの代替品として見つけたのが、NOMADさんが出しているBase Stationなのですよ。

内容物と各部詳細

NOMAD公式ストアで購入し、FedEx便にて数日で届きました。

運送業者のロゴの入った梱包を開けると、BaseStation本体とオマケのようなものが入っていました。

オマケの内容はステッカーでした。

せっかくなので置いておきます。

本体の外箱を開封すると、

  • BaseStation本体
  • ACアダプター(プラグ形状交換可能) ※PSE認証されていない場合は使用しないで下さい
  • 交換用プラグ(Category I 英国タイプ。香港、マレーシア、シンガポールなど)
  • 交換用プラグ(Category E。韓国、ベトナム、タイ、ヨーロッパ圏など)

といった感じ。

ACアダプターは、日本やアメリカで使う場合は最初から装着されているプラグ形状のままでOKです。(間違ったものを選択してもコンセントに挿入できないですしね)

※追記
公式サイトで購入された場合はPSE認証されたACアダプターかよく確認して下さい。
PSEマークがない場合は、PSEを取得された12V3A・プラグ径の合った互換ACアダプターを別途購入して、電気用品安全法に基づき必ずそれを使用する必要があります。
国内代理店で購入された場合はPSE認証されている可能性が高いですが、念のため確認して下さい。

なお、私が実際に購入し動作確認したACアダプターはこちら:https://amzn.to/2rJHNyF
もしくはこちらも : https://amzn.to/2PXLUQR

本体はこんな感じです。

このレザーな雰囲気に惹かれたのですよね。とても高級感があります。

ちなみにレザーでない部分(写真上部)は強力なアルミが使用されており、メタルチックな質感となっています。

後部から見たところ。
中央にACアダプター端子があります。

端子の右側にあるヘコミのような部分は光センサーです。

光センサーが何に使われるかは後述します。

裏面。
普段見ない部分なので至ってシンプルですが、しっかり滑り止めがあるので安心ですね。

それではさっそく使用してみましょう。

こいつ…光るぞ…!

ワイヤレス充電は良いけど、充電ドックに置いてもちゃんと充電されてるの…?と不安になっていませんか?

大丈夫です。側面に充電ランプがあって、充電している間だけ光っているので。

このBase StationにはApple Watch充電箇所を除いて3箇所にコイルが備わっていますが、そのコイルでの充電状況が前面の3つの白色LEDランプによってわかるのです。

デバイスを置いてからちゃんと光れば充電されているし、光らなければ位置を調整してみる、といった感じです。

先ほど光センサー部分があると記載しましたが、このLEDの明るさを調節するためのものだったのですね。暗い場所でも眩しくないのが素晴らしい。

ちなみに、スマホを横向きに置けば間違いなく充電されるのですが、上の写真のように縦に置くとコイルの位置調整にちょっと慣れが必要です。

適当に置くとLEDが光らずちゃんと充電されないことが多いので、そこが少しマイナスポイント。

AirPods Proは保護シリコンケースを装着していてもしっかり充電できています。
iPhoneもですが、保護ケースの種類によってはワイヤレス充電に対応していない場合もあるので、保護ケースの仕様はチェックしておきましょう。

参考までに以下のケースを使っています。

もちろん、従来の第2世代AirPodsもQi対応なのでワイヤレス充電できますよ。

※2020/6/24追記
ケースを買い換えました!NOMADのおしゃれな革製ケースです。
詳しくは以下の記事にてレビューをしているのでよろしければ是非。

多少雑に置いても傷つかない安心さ

これは大きいなって思います。

レザーのぷにぷにした感触です。

他の製品ではプラスチックなどの硬いものが台となっていることが多いのですが、これはぷにっとしているので、多少バンッと置いても問題ないところが気に入っています。

やはり毎日行う動作として、帰宅してからiPhoneとAirPods Proを机にドンッと置きたいので、こういう形だとすごく楽で良いのです。

Apple Watch周りにおける気遣いが半端じゃない

Apple Watchは横向きに置いて充電すると、「ナイトスタンドモード」と言ってベッドの横などに置いた時に時刻を横向きに大きく表示する機能があります。

このNOMAD Base Stationも横向きにおけるので、まさにそのモードを使える良いタイミングになるかと。

普段はナイトスタンドモードってあまり使わないですからね…(笑)

また、Apple Watchの置き場にはラバー部分がついており、Base Stationのアルミに当たって傷がつかないよう配慮されています

細かいところですがこれはとてもありがたい仕様ですね!ユーザーのことをしっかり考えてくれています。

なお、Apple Watchはすべての世代(第1世代〜第5世代)まですべて使用できるのでご安心を。

唯一良くなかったところ

シンプルに、”充電速度が遅い”です。

これはどのワイヤレス充電でも言えることですが、特にiPhoneの充電速度がLightningケーブルを使った場合に比べて2倍近く時間がかかります。

なので、普段デスクにおいて過ごす時はBase Stationにして、急ぎの時だけケーブルを使うといった感じで使い分けたほうが良さそうです。

なお、AirPodsとApple Watchの充電速度については気になりませんでした。

購入先について

国内ではMacPerfectにて購入することができます。

MacPerfect
NOMAD Base Station Apple Watch Edition
https://macperfect.shop/?pid=144411026 【2020/9/4追記…売り切れ?】

記事作成時点では税込み20,900円となっています。

ちなみにACアダプターに関しては、国内代理店にて開封したのち、PSEマーク付きのものに交換しているようですので安心です。

なお、NOMAD公式サイトで購入すると、ACアダプターにPSE認証マークが無いのでご注意下さい。

別途PSE認証のあるACアダプターを買い直すことになります。

Base Stationで動作確認ができたPSE認証付きACアダプターの例:https://amzn.to/2rJHNyF
もしくはこちら : https://amzn.to/2PXLUQR

2020/9/4追記
どうやらMacPerfectでの販売が終了しているようで、現在国内で入手するとなるとAmazonなどでの購入となります。
少し高めなので、NOMADで購入してACアダプターだけ上記のものを購入する…というかたちは今のところは良さそうですね。

NOMADアップルのワイヤレス充電器IPhone11プロマックスIWatchウォッチ専用スリー・イン・ワン急速充電
https://amzn.to/3i1x4Ew

Base Stationは高い… 他にいいものないの?

Base Stationと同じように3デバイス同時充電、ワイヤレス、かつリーズナブルに…となると、以下のような商品が良いのかな…?と思います。

Base Stationと同じことが実現でき、かつレビューも悪くないものがこれくらいでした。

しかし、手持ちのApple Watchの充電ケーブルをこの製品の中に入れ込む必要があるのと、ACアダプターがついていないので別途用意する必要があるようです。

それでもお値段的にはBaseStationよりはずっと安く済みますね。検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

少し値がはるため躊躇する方も多いかと思いますが、おそらく今後登場するであろうiPhoneやAirPodsもワイヤレス充電(Qi規格)には対応し続けるでしょうし、毎日刺すLightning端子に負担をかけなくて済むし、ケーブルを毎回差すという日常の小さなストレスの軽減、デスクの上(もしくはベッド横)に置くとオシャレ感アップ…などと、長く使えるであろう要素がいっぱいです。

NOMADの製品はおしゃれなものが多く、他にもiPhoneケースやAirPodsケース、Apple Watchのバンドなどを販売しています。

日本でも扱っていることがありますが、ない場合はケースやバンドであれば個人輸入するという手もあります。

気になった方は是非。

NOMAD® | Cases & Accessories | Official Store
https://hellonomad.com/

この記事は役に立ちましたか?

  • この記事を書いた人

Maesuke

2年目Webデザイナー。 IT全般やWeb関係、ガジェット、暗号資産(仮想通貨)などに興味を持ち、気になった情報などを日々つぶやき続ける普通の人。

イチ押し記事!

1

いくつかの副業を試してきましたが、プログラミングのようにガッツリ勉強する必要もなく、さらに数日で数千円、1ヶ月で3〜5万円くらいを稼げるコスパの良い「動画編集」という副業を、今回は紹介しちゃおうかなと ...

-iPhone, IT関連, ガジェット関連, 紹介など
-,

© 2020 maesuke.comブログ